池見のカリキュラム

学内実習(1・2年次)

歯科衛生士の3つの業務である『歯科診療補助』『歯科保健指導』『歯科予防処置』を身に付けるため、歯科衛生士である専任の教務スタッフの手により、徹底的に実技指導を行っています。
学内では二人一組で術者、患者役を交互に行い、技術を磨くとともに、患者の立場になって、その気持ちを把握するということも大事なポイントとなります。

幼稚園実習(1・2年次)

明るく元気な幼稚園児たちへ、日頃の実習の成果を発揮すべく、歯の磨き方指導を行ったり、演劇によって歯磨きの大切さを指導しています。
また、この演劇は、『媒体発表会』という形で、学内で事前に発表会を行います。毎年、幼稚園児をはじめ、幼稚園の先生や御父母の方々からも、大変好評をいただいています。

北大実習(2年次秋)

2年次の秋より、北海道大学病院での臨床実習が始まります。
1クール3週間ずつ、小児歯科や矯正歯科、口腔外科ほか、様々な科に配属され、歯科医師の指導のもとに患者さんと接します。この北海道大学病院という大きな施設で最新の歯科医療に携われるチャンスとなります。期待と不安でいっぱいになりますが、3カ月間頑張ることにより、歯科衛生士としての大きな自信につながり、より一層「医療の道を志す者」としての自覚が芽生えます。

臨床実習(1年~3年)

1年次の1月より3月中旬まで、札幌市内にある一般開業の歯科医院での実習が行われます。1クール3週間ずつ、北大実習と同様に、それぞれ異なる歯科医院へ配属され、一般歯科だけでなく、小児歯科や矯正歯科等を実際に治療現場で学びます。3年次には福祉施設での実習もあり、一般開業歯科医院から大学病院、そして福祉施設と3年の間に多彩な実習先で経験を積むことになります。

歯科衛生士科 臨床実習先一覧

アルファ歯科クリニック、医療法人社団いとう小児歯科クリニック、医療法人社団岩寺小児歯科医院、医療法人社団コアセ歯科医院、小島歯科医院、医療法人社団メモリアル会メモリアル歯科、坂井歯科医院、札幌愛児歯科医院、さわの歯科、森林公園歯科医院、医療法人杉歯科医院、医療法人勝恵会月寒中央歯科、医療法人仁友会日之出歯科診療所、医療法人仁友会日之出歯科真駒内診療所、医療法人社団青樹会ポプラ歯科クリニック、北1条ポプラ歯科クリニック、グレース歯科、米沢歯科クリニック、医療法人社団幸歯会ライラック歯科澄川医院、札幌ライオンズ歯科矯正歯科

年度によって異なりますが、多数のクリニックにご協力いただいております

保健所実習(2年次)

札幌市内各区にある保健所(現:保健センター)にて、一日間、1歳6カ月児健診と3歳児健診が行われているところを学習します。

総仕上実習(3年次)

3年次の11月末に、3日間にわたり、学内にて最後の総仕上のための実習を行います。患者さんには、毎年、陸上自衛隊真駒内駐屯地の方から協力を得て、隊員の皆様をお迎えし、「歯石の除去」や「歯の磨き方の指導」を行います。

媒体発表会(1・2年次)

年代別の歯・口腔に関する保健指導方法について、3年生が在校生に症例を演劇や紙芝居を用いてわかりやすく説明発表します。